« 新しいMac? | トップページ | MacのEFIとWindows »

2006年1月11日 (水)

Intel CoreのMac

「出たね~」新しいMacを期待してる割には淡白な感想でしたw まぁ、Intelが乗っかるのはわかってた訳で。
すぐに買うかと言われれば、様子見だけど。欲しいと思うのは安いノートのiBook系か、メモリのいっぱい載るPower Mac系なんで。

スペックやら写真やらはPC系の情報サイトにあるので割愛して、気になる点を少し書こうかと。

・MacBook Proのバッテリー駆動時間は?
 2月から発売ということで、まだ時間は発表されていない。まぁ、2~3時間ってとこかな?どちらかというとモバイルっていうクラスじゃないから、いいのかも。12インチモデルがでるなら、それは5時間ぐらいは欲しいところ。

・EFIが採用されているらしい
 ぶっちゃけ、MacはPCみたいにBIOS起動画面を見るようなことはないから、どうでもいいんだけど、Intel CPUが採用されるってことで気になる人もいると思うWindowsは動くのかってことにちょっと関係してくる。
 結論からいくと、仮想PCソフトを使わないで、直接起動させるのはかなり敷居が高いと思う。EFIとBIOSは全くの別モノということと32bit版XPはEFIに対応していないから。(確か、64bit版XPは両方に対応してるはず。)
ちなみにWindows Vista(次のWindows)はEFI対応って言われているけど、ホントのところは全然知らない。

・YonahはEM64Tには対応していない。
 対応は次のコードネームMerom(06年後半)から。
勝手な思い込みなんだけど、製品ラインの上位はワークステーション並の性能というかプロ向けの性能だと思っていて、64bit対応をどんどんしていくんだろうなと思っていたのだが。そういう意味では1歩後退かな?

・YonahがデスクトップであるiMacに搭載されたのは興味深い
 他のPCメーカーならもっと安いくて早いCPUを搭載するのだろうが、短期間でIntelに移行するために、回路的にMacBook Proと共通化してしているのだろうな。

ただ、チップセットが945 Expressということで最大メモリ搭載量が4GBになっているところは、ちょっとスペックダウン。それでもWindows PCの多くが2GBとなっているのに比べればマシなほうか。
【誤記訂正】
ごめんなさい、iMac G5が最大2.5GB、iMac(Intel)が最大2GBでした。ちょっとスペックダウンには違いないけど、トンデモナイ勘違いをしておりました。(チップセットが945 Expressでそのスペック上最大4GBではあるけれども、トンデモナイ間違いですね、ハイ。)

・箱には「Intel Inside」のロゴはつかないらしい。
 と、いうことはCMにもあのインテルのサウンドロゴは入らないんだろう、と。インテルとしては是非入れさせたいところだろうが。

今年中には全てのラインでIntelに移行するらしいので、上位ラインが64bitに対応してくるのかどうかが気になるところ。(まぁ、64bit対応の3DCGソフトが出ないと意味ないけど。特にXSIがw)

|

« 新しいMac? | トップページ | MacのEFIとWindows »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6428/310959

この記事へのトラックバック一覧です: Intel CoreのMac:

« 新しいMac? | トップページ | MacのEFIとWindows »