« アッコにおまかせのアレ | トップページ | 歌う3Dアニメ »

2007年10月16日 (火)

記名 対 無記名

アート資本主義 は初音ミク関連で知って読むようになったブログの一つ。そのエントリーの『愚民が語る■削除戦争の歴史』に学ぶ名無しさんカルチャー研究(ニコ動の特異性) を読んで思うことを。

ネット上の『記名 対 無記名』の落としどころを探るといった感じですかねぇ。
私もアート資本主義で述べられてるように、「無記名が必ずしも悪ではない。そこから生まれる文化もある」と思ってます。

いわゆるMAD作品にも沢山面白いものあるしね。ただ、それはオリジナルがあるからこそ出来る、「比較の面白さ」、「オリジナルに魅力があるからこそ」ということも忘れてはならないと思う。
単なるデッドコピーならオリジナルを選択すればいいし。

著作権法の非親告罪化って話もあるようだけど、これはオリジナルへの誘導の道を断つものかもなぁ、思ってみたりして。

世の中、お金(経済)で回ってるので上手いことバランス(ギブアンドテイク?)をとって、進んでいくのではないかと。Win-Winの関係ってやつですかね?
ニコ動の作品はお金(報酬)は関係無くない?と思うかもしれないけど、市場とかに関連づけられて経済効果は一応発生してるし。
うp主に還元されてないという話はあるけど、場所の提供とかコメントとかいろいろモチベーションの源にはなってるので、それでいいのかと。

で、『記名 対 無記名』の論争(?)はこの先ずっと続くんだろうなぁと思ってます。なぜなら、それをやっているのは人間だから。
別にネット上に限った話じゃないかなと。
「友達から聞いた話だけどね」と切り出す会話。これもある意味、無記名だし。

イナゴ云々の話もネットだと簡単にできてしまう行為かもしれんけど、現実社会でも売れた物に群がる商売はいっぱいあるしねぇ。どさくさに紛れて、とか、みんなもやっているから、とかもあるしねぇ。

人間がこの世界に登場して何千年って経ってるけど、本質は全然変わってなさそうだし。

あとちょっと脱線するけど、SNSを選択するということもあるかもしれんけど、個人的にはSNSであろうが無かろうがあんまり関係ない気がする。
一度発信した情報(言葉)は、もう本人のコントロール下にはないから。

まぁ、文化は一つじゃないので収拾はつかないと思うけど、お互いにリスペクトしていけばいいんじゃないかと。

ま、名前なんて極論でいえばタグの一つでしか無いわけだし。

なんか、いつものごとくまとまりが無いな。

|

« アッコにおまかせのアレ | トップページ | 歌う3Dアニメ »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6428/8454326

この記事へのトラックバック一覧です: 記名 対 無記名:

« アッコにおまかせのアレ | トップページ | 歌う3Dアニメ »