« XSIメモ004 口パク(その1) | トップページ | ひさびさにニコ動に投稿 »

2008年6月 1日 (日)

XSIメモ005 口パク(その2)

なんかタイトルの追い番はどうでも良いような気がしてきた・・・。

実際に作業をしながら記事の下書きをしてるので、いつ解決するか分からないですw
(これはある程度たまったら、まとめ記事を書いた方が読みやすい気がするが・・・)


ただ、ぼんやりと思っていることは、

  • アニメーション・ミキサーって1つじゃない。
    - なんかこれが事態を混乱に招いている原因じゃないかと。
    - POSERは1ファイルにミキサーは一つ(のはず)。MMDも使ったこと無いけど多分そうなんじゃないかなぁ。
    - てことは、シーンルートのミキサーに全部配置すればいいいんじゃね?
    - でも、RigのモーションはRigのアニメーション・ミキサーに配置してたよなぁ・・・。
    - ModelとかRigの上にあるAnomaro_type_mikuを選択して、アニメーション・ミキサーを表示させるとここにもMixerが出来ちゃうしねぇ。
    - Mixerが沢山あるのはキット融通が利くということなんだろうけど、その概念を理解しないうちは混乱のもとよね。
  • Webでいろいろ見てると、口パクはシェイプトラックじゃなくてアニメーショントラックを使っている人が多いような気がするのだが。。。

まぁ気を取り直して、XSIメモ004まで使っていたRigのモーション付きのファイルは放置して、ダウンロードしてきたオリジナルのファイルから口パクを付けてみることに。

前準備として
 ・カメラのアニメーションを削除。
 ・Rigのレイヤーを非選択、非表示に。
 ・Modelのレイヤーを選択可に。
 ・カメラの表示を顔のアップに。
 ここで、別名で保存。

ここで顔を選択してシェイプマネージャを開き3つのフレームにKeyを打ってみる。
(音声と同期は後回し)
00Frame:口を閉じる(デフォルトの設定)
30Frame:口を開ける
60Frame:口を閉じる(デフォルトに戻す)
といった感じで1秒ごとに状態が変化するものを。

20080601_xsi00

再生させると上記の様に動くことを確認する。

XSI_Miku_07」のビデオ
powered by @niftyビデオ共有

で、顔が選択された状態でAlt+0でアニメーション・ミキサーを開いてみる。

なにやらシェイプのトラックが2つあるミキサーが表示される。

20080601_xsi01

タイトルバーにAnimationMixer[kao]とあるので、kaoノードにあるミキサーのようです。
[s]キーを使ってトラックを縦方向に拡大してみると、トラックの名前が出てきました。
ふむ、確かにExplorerにあるものと同じ名前だし、トラックを選択してみるとExplorerの方も白くハイライトされました。

20080601_xsi02

で、その下のツリーを展開していくと・・・なんやようわからんことに;;

20080601_xsi03

とりあえずトラックが2つということは、このどっちかにさっき設定した口パクがあるってことよね?
くちの開いているFrameに移動して、各トラックをソロにしてみる。
(トラックのソロとかミュートってDTM(DAW)でも使うから分かりやすいなぁ。個人的に)
どうやら下のトラック(Shape_clusterClip)に含まれるようです。

20080601_xsi04

ということはさっきExplorerで展開したのは元に戻して放置で。
で、Shape_clusterClipを展開していくと・・・なんかまたトラックが出てきましたよ?

20080601_xsi05

アニメーション・ミキサーでShape_clusterClipを選択して右クリックでコンテキストメニューを表示して、「展開」してみると・・・

20080601_xsi06

おお、Explorerで出てきたトラックが表示されましたw
(コレを表示させる方法として、Shape_clusterClipをダブルクリックでもいける。)

1トラックだけ赤い線が山になってますねぇ。このトラックをミュートすると口を閉じるので、このトラックが怪しい(ぉぃ
確かに30Frameとか右の方をみるとKeyが打たれて赤くなってる。

このクリップを選択してFカーブエディタを開くとカーブの編集もできますねぇ。

20080601_xsi08

と、いうことはこのクリップがアニメーションの元になると思えばいいのね?
コレをシーンルートのミキサーに配置してばいいのか?
やってみたけど「アクセスコネクション レゾリューション」ってダイアログが出てきてよく分からんかった。

ちょっと待て?今回Mouth_Smileの値を変更したけど、この値のクリップのバリエーションを作るには???
ん~~~音声(ボーカル)と同期させるのはこのミキサ(もしはく上のレベルのミキサ)に音声トラックを作ればいいのか?
で、1曲通してウェイトをつけていく?

やっぱちゃんとチュートリアルをやるか・・・。

今回も解決には至らず・・・とほほ。

|

« XSIメモ004 口パク(その1) | トップページ | ひさびさにニコ動に投稿 »

コメント

おお、顔アニメに取り掛かっていらっしゃったのですね…
この辺は申し訳ないのですが、まだ未解説部分なのでなぞも多いと思いますから、サポートさせていただきます

まず、ミキサはMODEL単位で存在します
ミクのシーンには大きく分けてRig、Skeleton、Modelという3つのMODELがあり、これはNullに似ていますが微妙にちがうものです
Modelの子供としてさらにKaoのModelがあると思います
そしてfaceとmayu_defaultというオブジェクトがその子供になっています
つまり、faceとmayu_defaultのアニメーションはKaoというModelに格納されていると考えるといいと思います
なのでRigを選択してミキサを開くと、Rig以下につけたアニメーションのミキサが開かれるのです
アニメーションを格納した時に保存される場所もこのModel単位です
仮にRigの階層下にさらにModelがあった場合、Rig以下を全部選んでアニメーションを格納しても、そのModel以下のアニメーションは格納されません
そんなわけで、RigとKaoは別々のModelなのでミキサを開いても一緒には表示されないということになります

投稿: tintirorin | 2008年6月 1日 (日) 21時27分

で、次にシェイプトラックです

KaoのModelをえらんでAlt+0でミキサを開くと2つのトラックが出てきます
このトラックは眉の分と顔の分です
クリップをダブルクリックするとさらにいくつかのトラックが開かれます
つまり、最初にみえている2つのトラックは、いくつかのトラックをまとめて1つに表示していたものなんです
片方のトラックには眉のクリップ、もう片方のトラックには顔のクリップがまとめられています
このようないくつかのクリップをまとめたクリップの事をコンパウンドクリップと言います
ShapeManagerを使うとこのコンパウンドクリップ内にまとめられているクリップを操作してアニメーションをつけることができるわけです
自分は大概このShapeManager上でキーを打ってShapeアニメをつけてしまうのですが、ミキサー上でクリップをつないでアニメーションをつけることももちろんできます

投稿: tintirorin | 2008年6月 1日 (日) 21時39分

すいません、↑の中でいくつかトラックとクリップを間違えて呼んでいる部分がありますが…まあ意味は通じると思いますのでご勘弁を

ミキサー上でクリップをつないでアニメーションをつけるやり方ですが、KaoのModelを選択してミキサを開き、そのミキサにクリップを放り込むだけです
クリップはExplorerからKao→Mixer→Sources→Shape内にあります
Shapeトラックは足りなければ追加してください
AnimationMixer→トラック→シェイプトラックの追加です
オーディオトラックも追加できますのでそれに合わせてタイミングをとることもできると思います
この際ShapeManagerでつけるアニメーションは使わないと思いますので、ミュートしておきます
最初にある眉のコンパウンドクリップをミュートしておくことでできます

投稿: tintirorin | 2008年6月 1日 (日) 21時52分

最後に、Shapeでつくったアニメーションをループさせたいような場合なんですが、ここでコンパウンドを使います

ミキサ上に並べたクリップを選び「クリップ→コンパウンドの作成」で一つにまとめることができます
あとはそれをCtel+マウス左で複製して、扱うようにするといいと思います
ExplorerのKao→Mixer→Sources→Shape内にもコンパウンドクリップが存在していますのでこれをミキサにドラッグして追加してもいいです
ただし大本のコンパウンドを消すと消えてしまいますので、消さずにミュートしてとっておいてください

長文になってしまい申し訳ありませんでした
よろしければ試してみてください

投稿: tintirorin | 2008年6月 1日 (日) 22時04分

tintirorinさん、サポートありがとうございます!
本来なら「マニュアル読めっ」の一言で終わるところを、ありがたいことです^^

結局、ミキサはある単位(MODEL?)ごとにあって、シーン全体からみると並列で動作している、という理解でいいんですかねぇ?

だとすると全体を俯瞰するミキサ(シーケンスシート?)のようなものがあっても良さそうなきがするのですが。

とにかく、コメントに書いて頂いたことをXSIで試しながら理解していきたいと思います!

本当にありがとうございます^^

投稿: (が) | 2008年6月 1日 (日) 23時39分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6428/21335389

この記事へのトラックバック一覧です: XSIメモ005 口パク(その2):

« XSIメモ004 口パク(その1) | トップページ | ひさびさにニコ動に投稿 »