« XSIメモ011 動画を作ってみよう!その2(音楽編) | トップページ | FLV表示のてすと »

2008年6月17日 (火)

XSIメモ012 森之宮先生とステージが公開されました

XSI講座でおなじみのtintirorinさんが、森之宮先生とステージのデータを公開してくれました!

同梱されているテキストを読んで、XSI用にセットアップして提供してくれて講座まで開いてくれるtintirorinさん、3Dモデルを作成してくれるアノマロかりんとうさん、ステージデータを作成してくれたあにまささん、森之宮先生の作者くちばしPさん、テクスチャはmizuさんと、多くの方が関わっているのだなぁと改めて思うとともに、感謝の気持ちでいっぱいです。
本当にありがとうございます。直接本人達にはお返しが出来ないとは思いますが、なにかしらの形で(回り回って)お返しができたらいいなぁと思っております。

で、さっそくDLしてニヤニヤしてます。えへへw

ふと思ったのですがアップベクター(Rigでピラミッドの形してるやつね)の使い方ってアノロマTYPEミクで初めて知ったんだよなぁって。

アップベクターって移動させちゃうと、どこのアップベクターだったか分からなくなる場合も出てくると思うのね。
(実際、アノロマTYPEミクでモーション付けた時に結構迷ったw)

そんな時は「ユーザキーワード」を使うと良いんじゃないかって、思ったのでした。
と、言うわけでその方法です。

  1. アップベクターを選択
  2. このアップベクターがどこの部分を制御しているか確認。
    (適当に動かしてとか(確認がすんだらUndoで元の位置に)、とか名前で判断とか)
  3. Alt+右クリックでコンテキストメニューを表示して、「ユーザキーワードの設定」を選択。(アップベクター上でクリックしないとカメラのコンテキストメニューが表示されちゃうかも)

    20080617_xsi01

  4. ダイアログが表示されるので、適当にキーワードを入力します。
    ここでは「左腕の方向の制御」と入れてみました。XSIでは珍しく(?)日本語でもOKですw
  5. ビューのEyeアイコンから、「ユーザキーワード」にチェックを入れると、アップベクターを選択した時に、ユーザキーワードが表示されます。

    20080617_xsi02

    20080617_xsi03

これで、アップベクターで迷うことは無いですね^^
後は、袖のRigに「スケールで腕まくり」とかw

ついでに、ビューのEyeアイコンから、「名前」にチェックをいれると、名前も同時に表示されます。
ただ、これはブランチ選択した時はうざいかもw

ユーザキーワードの詳しい(?)ことはXSI機能紹介ビデオ ジェネラルのユーザキーワードを参照してみて下さい。

このビデオ、見た当初は使い道があるんだろうかと思っていたんだけど、今回紹介したようなことに使うと便利かなぁと思ったのでした。

|

« XSIメモ011 動画を作ってみよう!その2(音楽編) | トップページ | FLV表示のてすと »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6428/21675516

この記事へのトラックバック一覧です: XSIメモ012 森之宮先生とステージが公開されました:

« XSIメモ011 動画を作ってみよう!その2(音楽編) | トップページ | FLV表示のてすと »