« FLV表示のてすと | トップページ | VSTフリーシンセ GTG MX 2008 »

2008年6月18日 (水)

XSIメモ013 ステージスクリーンへの投影

先日XSI講座配布されたステージのデータ、早速DLして取り込んでみました。

20080618_xsi01

なんか、いいですよね^^
こうやって道具がそろってくると感動すら覚えますw
(他力なんですけどね^^;)

ステージのデータを読み込む前に、レイヤを作ってそのレイヤを選択してから読み込んでおくと後々作業が楽だと思う(多分w)

で、今回はステージの後ろにあるスクリーンのお話。
(動画を作ってみよう!は今回もお休みですw)

【一部修正しました】

今回はMod Toolで実験。(動画、スクリーンショット)
(XSI5.11でも同様に出来ることは確認しました)

かなり悩んだ末、力業でステージスクリーンにカメラの映像を映してみました。
結果は↓

今回の動画は実験なので、カメラの動きだけです。また、力業であんまり良い方法と思えないので、説明は詳しく書いていません。

作成した動画は、長さは30秒(30fpsで900フレーム)。

  1. カメラのモーションを付けて、~900フレームをレンダリング。
    Mod ToolのMovieを作成するオプションはオフ。
  2. スクリーンを選択して、レンダーツリーを表示。イメージをファイルから作成で、先ほどレンダリングした連番ファイルを指定。

    20080618_xsi02

  3. 新しく出来たイメージのプロパティを弄って、色味等を変更。(単に分かりやすくするため)

    20080618_xsi03

    ソースクリッピングのインの設定を0から-1に(ココ重要)

    20080618_xsi04

  4. Movieの作成にチェックを入れて、レンダリング設定を変更して~900フレームをレンダリング。
  5. あとはレンダリング結果(テクスチャとして反映されるから、カメラビューで確認できる)を見て、適当な回数レンダリングを繰り返す。
  6. 最終レンダリング時にMovieの作成にチェックを入れて、動画ファイルを作成する。

簡単にですが、こんな感じ。
スクリーンに映す映像は1フレーム前のモノを使って、カメラ映像のフィードバックの分を繰り返しレンダリングするわけですね。

ちなみにレンダリング時間ですが、動画時間の3倍くらい。30秒分の映像を90秒くらいでレンダリングしてました。
で、それを5回繰り返した、と。
実時間の15倍のレンダリング時間が長いのか、短いのかというのは微妙なとこ?

1回のレンダリングが約90秒、2回やればOKなので180秒。5分動画だと300*3*2で1800秒(30分)これなら、OKっしょw
連番ファイルのしくみが分かってる人は、1.のレンダリングを最後まやらずに、最初の数フレームだけで済むだろうし。

あ、レンダリング中はウェイルススキャンソフトは無効にしてました。
若干スピードアップです。

もうちょっと良い方法はないですかねぇ?

|

« FLV表示のてすと | トップページ | VSTフリーシンセ GTG MX 2008 »

コメント

できてるー!!
実はこの方法を自分も考えてました
やっぱりこの方法しかないんでしょうかね?
何回もレンダリングするのちょっとめんどくさいですw

あとステージデータがあるとやっぱり全然よく見えますね
でも、あにまささんの動画見るとわかると思いますが現状かなり劣化してしまってます
リアルタイムレンダで良くするにはやっぱり絵を描いて貼るのが一番手っ取り早いんですが、それでもやっぱりめんどくさいんですよね~
照明も動かせなきゃだし、白いドットもパカパカ光らなきゃだし、スクリーンの周りに至ってはドットすら無い
ステージはまだまだ問題山積みですよ…

投稿: tintirorin | 2008年6月18日 (水) 02時50分

夕べ記事を投稿してから、ずっと腑に落ちないトコがあって1日中考えて2PASSで、出来るようになりました^^
希望としては、内部にバッファを持って連番ファイルを使わない方法が一番いいんですけどねぇ。
SDKとか読めば何かあるかしら?(頭いたくなりそうw)

ステージって何気に大変ですよね~
可動部分とか照明効果とか。

照明効果は口パクスクリプトの応用で、MIDIデータでON,OFFとか、動かすとかできるんじゃないかなぁ、って考えてます。
実際のコンサートの照明もMIDIからコントロールしてるものがあるって、何かで読んだ気がする。

ただ、それだとMIDIデータ作成できない人もいるだろうから、どうなの?って気もしないでもないけど、曲との同期はきっと楽だと思う。

投稿: (が) | 2008年6月18日 (水) 18時32分

あーそうそう。
スクリーンの投影はテクスチャだから、簡単に画面分割できますね^^
アニメーションをコントロールするのに、Fカーブエディタに表示させるのが手間取ったけどw

あとは、スクリーンに1枚ポリ貼って、そこにわざと黒い格子のテクスチャを付けて、モニタが沢山ならんでるようにみせるとか、夢が広がりまくってますw

投稿: (が) | 2008年6月18日 (水) 18時41分

>MIDIデータでON,OFF
これとかどうでしょう?
まだ試してませんが動画を見る限りすごくいいです
というか、動画がいいですw
http://www.cveld.net/modules/Xigg/index.php/node/213

ところで、もしやステージスクリーン2回レンダですむ仕組みになったんでしょうか!?
頭を使う作業が苦手な自分は全く理解できていないのですが、文面を見る限りそんな感じがするのですけど、どうでしょうか?

投稿: tintirorin | 2008年6月18日 (水) 23時42分

XSI男のロケンローの動画イイですよね^^
も~~ステキとしか言いようがないw

とりあえず、スクリプトまわりは思っているだけで、実際にやり始めるまでにはもう少し時間がかかりそうです。
日々発見があって面白いのですが、なかなか先に進んでないのが現状で^^;

スクリーンは2回でいけるはずですよ~。
連番ファイルを削除して実験しましたので。
(1回目は連番ファイルを指定するために必要なだけで、1回でもOKのはず。最初のフレームにnoicon_picが表示されるけど)

訂正前の方法だと実は1フレーム前を参照してなかったというオチw

投稿: (が) | 2008年6月19日 (木) 00時27分

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)


コメントは記事投稿者が公開するまで表示されません。



トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.f.cocolog-nifty.com/t/trackback/6428/21702737

この記事へのトラックバック一覧です: XSIメモ013 ステージスクリーンへの投影:

« FLV表示のてすと | トップページ | VSTフリーシンセ GTG MX 2008 »