« XSIメモ021 顔の向きをコンストレイントで制御 | トップページ | XSI7発表 »

2008年7月 7日 (月)

XSIメモ022 Fカーブエディタでのマーカー表示

XSIメモ016 XSIのスクリプト作成 で小節とパートのマーカーを作成するスクリプトを作りました。

現在、そのスクリプトでマーカーを作成したアニメーション・ミキサーを表示して、マーカーをガイドにしてモーションを付けています。

20080707_xsi01

ふと、Fカーブエディタの設定を見てみると、オーディオの項目があるんですよね。そして、そこにマーカーの表示項目も。

設定ダイアログの右上にある[?]ボタンを押して、ヘルプを一応見てみると、「Fカーブグラフに波形を表示するには、アニメーションミキサまたはExplorerからオーディオクリップをドラッグアンドドロップするか、またはExplorerまたはブラウザからオーディオソースまたはオーディオファイルをグラフにドラッグアンドドロップします。」とあります。

20080707_xsi02

要は、オーディオクリップをドラッグ&ドロップで表示できるぜ~、ってことっすね。

早速アニメーション・ミキサーのオーディオクリップをドラッグ&ドロップしてみました。

20080707_xsi03

お~、いいねw
ついでにマーカーもオン!表示系は全部オン!

20080707_xsi04

お~、これは・・・アニメーション・ミキサー表示しなくてもいいって事だw

表示領域とか、描画レベルを変更して、もうちょっと見やすくしてみた。

20080707_xsi05

これは何気にポイント高いかもw
てか、クリックのガイドWAV・・・モノラルで出力しときゃ良かった・・・orz

あ、ちなみの今回のFカーブエディタの設定は、シーン内(作業してるファイルね)で有効みたいです。
なので、他のモデル(例えばScene_Rootとか)でも、Fカーブエディタにマーカー表示されます。逆に個別に設定は無理っぽい。
つまり、Fカーブエディタの設定は一つってことっすね。

しかし、こうやって寄り道ばっかりしてるからモーション付けが進まないんだなw

|

« XSIメモ021 顔の向きをコンストレイントで制御 | トップページ | XSI7発表 »

コメント

この記事へのコメントは終了しました。

トラックバック


この記事へのトラックバック一覧です: XSIメモ022 Fカーブエディタでのマーカー表示:

« XSIメモ021 顔の向きをコンストレイントで制御 | トップページ | XSI7発表 »